手相占いですが、気軽に楽しめるものとなっています。また、手相占いでは特に注視する事が在るそうです。

占いに依存しすぎないようにしましょう。
占いに依存しすぎないようにしましょう。

手相占いをする際に特に注視すべきこと

手相占いですが、その人の掌の線を、易者が観て利用者に運勢について判断をすることになります。また、左と右の手相を観ることから始まり、先ずは左手の手相からスタートとなります。左手の手相ですが、これは先天的なものとなっています。左手の手相については、生まれ持ったその人の能力を物語っていることが多いので、ある程度はその人のパーソナリティ等を、それなりに知識を備えた易者であれば診断をすることが可能となっています。また、右の手相についてですが、これは後天的なものとなっています。生まれ持った自分の才覚等についてですが、本人の努力次第によっては変化させることが可能となっているそうです。手相というのは、一生涯に渡って不変であるとは限りません。常に変化するものとされており、成長に伴って手相ができたりすることが考えられなくもないのであり、これは注視すべきこととなっています。

手相には、三大手相というものが在ります。生命線、頭脳線、運命線といったものです。それぞれ、変化をするとされており、右手に在る場合は、占いを利用する人の努力次第によって伸びたりすることが在るといいます。生命線ですが、これは、体力や生命力を表す線として知られています。その線の長さによって、その人の持つ生命力を易者は判断することができます。長さだけでなくて、線の濃薄によってもその人の生命力を診断することが可能となっていますので、単に短いだけで短命であるとは限らないそうです。頭脳線は、その人の頭の良し悪しを判定する線とされています。左手の頭脳線が「あまり宜しくないです」とされても、右手の頭脳線が素晴らしければその人はかなり努力をした人とみなされることがあるそうです。この線ですが、先の部分が分岐しているというのであれば、これからの才能が開花されるのではないかと易者は判断するでしょう。また、この線に何らかの異常が生じた場合は、頭部に深刻な異常が在るかもしれないので、その都度チェックすると良いでしょう。運命線ですが、これは掌に縦に真っ直ぐに伸びている線です。他の線と比べてみるとあまり変化が無い線としても知られています。また、この線は男女で異なるそうです。男性の場合、仕事運に関わるとされています。女性の場合は、仕事だけでなくて家庭運にも関連しているとされているそうです。また、努力線という線を持っている場合、運命と共に努力次第によってその人の人生が左右されることが多いとされているそうです。

特に注視する手相に、KY線というものが在ります。KYというのは、製造現場の用語で「危険予知をする」となりますが、一般的に使われているKYとは、「空気が読めない人」を意味することになっています。KY線はマイナスイメージとなっていますが、これについても右手の手相で、このタイプが無ければ安心できるでしょう。KY線は、空気が読めない人かどうかを判定するものとされており、知能線と生命線の起点が離れている手相とされています。また、間隔が5mm以上離れている人であれば尚更空気が読めない人とされており、「変わり者」扱いされるそうです。人に会う前にチェックする線であり、意識的に空気を読める人になるように努力をすれば、「手相は一生涯に渡って不変でなくて、変化することが在ります」ということから、変化していくことでしょう。右手の手相が努力次第で伸びたりするという法則が在るということから、とにかく本人次第となるのです。